ヒメヒイラギのミニ盆栽で癒しの空間を作る(挿し木してから84日目)

挿し木から84日目が経ちました。 緑のまま保たれているので、発根しているはずですが。。。 培養用ポットに植えているので、1年後には鉢に植え替えられるように大切に育てたい。 このヒメヒイラギは、樹形が乱れやすいので、小さいままで樹形を整えていきたいと思います。

続きを読む

サツキ盆栽の小宇宙(サツキを挿し木して77日目)

梅雨に入り、雨が降り続いています 挿し木をしてから77日目が経ち、新芽が出てきているので根が付き始めているはずだと信じたい。 現在はビニールポットで育てていますが、一年後には鉢に植え替えができることを目指したいです。 自然の美しさを小さな世界に凝縮 盆栽とは、自然の木を鉢に植え、手入れを通じて自然美を表現する日本の伝統芸術です。中でもサツキは、その豊かな花色と形、小さな葉が…

続きを読む

BONSAI 小さな庭園、大きな癒し。モミジミニ盆栽のすすめ (芽吹き採取から71目)

近畿地方も梅雨に入り雨が降り続き蒸し暑い日々を過ごしています。 植物にとっては恵みの雨でしょう モミジを芽吹き状態で採取して71日目になりました。 元気に育ってくれています。 今日は私の小さな庭園、モミジのミニ盆栽についてお話しします。この小さな木がどのように私たちの心を癒してくれるのか、その魅力をたっぷりとご紹介したいと思います。 モミジミニ盆栽は、その名の通り、…

続きを読む

手のひらに自然を:ヒノキミニ盆栽の世界への招待 (播種から69日目)

ヒノキの種をまいてから69日が経ちました。 赤松に比べると成長が遅いと思います。 子葉から本葉が出てきて少しずつ成長していく姿を見ているのが楽しいです。 ヒノキは、日本の伝統的な建築材料としても知られ、その美しい木目と心地よい香りで多くの人々を魅了してきました。ミニ盆栽としてのヒノキは、その独特の風貌で、自然の美をコンパクトに表現しています。 見た目の美しさ …

続きを読む

静寂の美を宿す小さな森 染付小紋盆栽栽培セット 赤松

染付小紋盆栽栽培セット 赤松の種を植えてから67日目が経ちました 結果的には種5粒のうち、4本発芽し、元気に成長しています。 発芽率80%という極めて高い確率で発芽しました。 発芽のしやすさから、丈夫で育てやすいのかなと思います。 赤松は、その名の通り赤みを帯びた樹皮が特徴的な、日本の自然を象徴する樹木です。盆栽としても人気が高く、その繊細な葉と幹のフォルムは、見る者に穏…

続きを読む

人気記事一覧